上京してから母親と中野区マンションに同居

私は中学卒業後に地元の九州から上京したのですが、すぐに心配して上京してきた母親と一緒に中野区マンションに住むようになりました。母親は中野区マンションを借りるとお金が必要だったのでネットで仕事を探していました。
東京は物価も高かったので母親もずっと仕事で家にいないこともありましたが、私自身もアルバイトをするようになりましたが、そのアルバイトは最初はやる気がなかったのでサボることも多かったのですが、途中から重要なポジションになりました。アルバイトながらに役職をもらえるようになった私は、今までとはうって変わって真面目に勤めるようになりました。日中は学校もあったので学業との両立は大変でしたが、学校卒業と同時に社員として働かせてもらえることとなりました。母は私の卒業と同時に九州に戻りましたが私は中野区がとても気に入ったので就職が決まったこともありそのまま住むことにしました。

中野住環境の特徴あれこれ

中野区、といえば、古くから多くのアパートの立ち並ぶ住宅地帯としてある一定の評価を得てきました。そんな中野区の住環境、中野住環境の特徴についていくつかあげてみましょう。中野住環境には大きな特等が二つあります。
中野住環境の特徴第一は、家賃の安さです。築年数にさえ目を潰れば5万円台などという都内ではなかなかお目にかかれないような値段の住宅が存在します。中野住環境の特徴第二は都心に非常に近いということです。新宿まで電車で一本でいける、というのはかなりの強みです。 中野はとても便利な街です。新宿までも一本だし、地下鉄も走っているので、丸の内方面も一本で20分くらいで行けるとても利便性のいい街です。そんな中野の住環境はどうでしょうか?利便性がいいだけではなく、駅前にたくさんのお店があり、買い物にもとても便利です。友人が一戸建てに住んでいますが、駅前にはタワーマンションなどがあり、奥にいけば閑静な住宅街が広がっていてとても静かで住みやすいそうです。友人も一度住んだら離れられないと言っていました。 中野はとても下町の雰囲気も漂う暮らしやすい街ですが、一方で利便性の高さから高級マンションなどが建っている高級住宅地としても有名です。雰囲気は高級という感じではなくても、物件の価格をみると、中野はとても高級です。きっと、人気があり、住環境もよく利便性もいいからなんでしょうね。商店街もたくさんあるし、日々の買い物にも不自由しないなんて、主婦にとっては最高の立地ですもんね。ただ、心配なのは待機児童の数なんですけど、やっぱり中野は都会なので待機児童数も多いのではないかと思ってしまいます。

Copyright ©All rights reserved.中野区の賃貸住宅不動産.